カテゴリ一覧 > 弊社について > 弊社の歴史

弊社の歴史  History of Berry Bros.Rudd


ベリー・ブラザーズ&ラッドは、英国最古のワイン&スピリッツ商であり、創業以来300年以上もの間、同じ店舗で営業を続けています。


ベリー・ブラザーズ&ラッドの歴史は、1698年、ボーン未亡人によって、ロンドンのセント・ジェームス街3番地にて始まりました。今日もなお、ベリー家とラッド家の子孫により、その家族経営のワイン商は引き継がれています。

1765年には、'コーヒーミルの看板'を掲げ、評判の高い'コーヒーハウス'(後に、ブードルズやホワイトのようなクラブとなる)であり、大きなはかりでお客様の「体重測定」を行っていました。お客様の測定記録には、ロード・バイロン、ウィリアム・ピットやアーガー・ハーンなどの名が記されており、今日に至るまで3世紀以上の歴史が刻まれています。

ベリー・ブラザーズ&ラッドが初めて英国王室にワインをお届けしたのは、ジョージ3世時代にさかのぼり、そして今に続いています。最初の王室御用達指定を賜ったのは、1903年のエドワード7世の頃で、現在は、エリザベス女王陛下とチャールズ皇太子殿下からそれぞれ御用達指定を受けています。

1923年には、初めての無着色スコッチとして、カティーサーク・スコッチ・ウィスキーを造りました。近年では、良いヴィンテージのシングルモルトが、ベリーズ・オウン・セレクションのレーベルで発売されています。

歴史や伝統的なサービス、品質の維持、出自と保管に重きを置きつつ、最も革新的で近代的なワイン&スピリッツ商を目指しています。

今日では、香港のショップの他、日本に支店を構えています。また、2つのワインスクールを運営し、ロンドンのセントジェームス街の荘厳なアーチ型天井のセラーには、特別なファインダイニングを備えています。

一人でも多くのお客様にワインの魅力をお伝えすること、より美味しく飲んでいただくために最善のサービスとアドバイスを提供することがベリー・ブラザーズ&ラッドの使命であると考えています。





ベリー・ブラザーズ&ラッド - 主要な出来事 Key Dates

  • 1698年セント・ジェームス街3番地で創業。
  • 1760年ジョージ3世時代に初めて英国王室にワイン&スピリッツを納める。
  • 1765年大きなコーヒーのはかりで、お客様の"体重測定"を始める。顧客には、ウィリアム・ピット・ザ・ヤンガー、ビュー・ブラムメル、ロード・バイロンやアーガー・ハーンなど。
  • 1903年エドワード7世のワイン商として王室御用達認可証を賜る。
  • 1923年初めての無着色のスコッチとして、カティーサーク・スコッチ・ウィスキーが、セント・ジェームス街3番地で造られる。
  • 1933年チャールズ・ウォルター・ベリーが、ワイン商としては初めて、ワイン生産地へのツアーを行う。(「サーチ・オブ・ワイン」に記載)
  • 1967年独立したワイン商としては初めて、温度管理されたセラーをロンドン郊外に設置。(ベイジングストーク、ハンプシャー)
  • 1971・1981年カティーサーク・スコッチ・ウィスキーに対し、エリザベス女王から賞を授かる。
  • 1994年初のワイン免税店をヒースロー国際空港第3ターミナルに開店。また、ワイン商としては初の、オンラインワインショップを立ち上げる。
  • 1995年"高級ワインと食材の店" をベイジングストークにオープン。
  • 1997年フィールズ卸ワイン商を傘下におさめ、代理店業を拡大。ヒースロー国際空港の第4ターミナルに2つ目の免税店をオープン。創立300年記念の祝いとして、チャールズ皇太子殿下から2つめの御用達指定を受ける。
  • 1998年ベリー・ブラザーズ&ラッド香港支店が開業。同時に香港のウェブサイトを開設。また、ダブリンのハリー・ストリート4番地にあるオールド・コーポレーション・ウェイト・アンド・メイジャービルに店舗をオープン。
  • 1999年セント・ジェームス街3番地にある、歴史的な地下ワインセラーを改修し、ホスピタリティ施設を開設。
  • 2000年ワインスクールをセント・ジェームス街3番地にオープン。また、ウェブサイトwww.bbr.com.には、日本語版が登場。インターナショナル・ワイン・チャレンジのファイン・レア・ワイン商2000/2001に選ばれる。
  • 2001年セント・ジェームス街3番地に、スペシャリストルームを開設。インターナショナル・ワイン・チャレンジのボルドー・マーチャント・オブ・ザ・イヤーと、ウェブサイト・オブ・ザ・イヤーを同時に受賞。
  • 2002・2003年ピッカリング・セラーがベリーズ・ワイン・スクール・アンド・テイスティングのためにオープン。ハンプシャーを基盤として、350万本以上のボトルを保管するウエアハウスの増設計画が始まる。ベリーズ・オウン・セレクション・シングル・モルトウイスキーを発売。インターネット・ウェブサイト・オブ・ザ・イヤー、インターナショナル・ワイン・チャレンジ2002を受賞。また、フォーブ誌の"ベスト・ワイン・ショップ・イン・ザ・ワールド"とロンドンのWhich?ワイン・ガイド・リージョナル・マーチャント・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。
  • 2004年インターナショナル・ワイン・チャレンジの総合ワイン・マーチャント・オブ・ザ・イヤー、リージョナル・マーチャント(ロンドン)、リテイラー・オブ・ザ・イヤーそして、ウェブサイト・オブ・ザ・イヤー2004を受賞。
  • 2005年サイモン・ベリーがベリー・ブラザーズ&ラッド社の会長に就任。インターナショナル・ワイン・チャレンジのバーガンディ・ワイン・マーチャント・オブ・ザ・イヤーとウェブサイト・オブ・ザ・イヤー2005を受賞。
  • 2006年 プライベート・ダイニングとして、ピッカリング・プレイスがオープン。ベイジングストークに、アウトレットショップをオープン。
    インターナショナル・ワイン・チャレンジにて数々の賞を受賞。
    ・総合ワイン・マーチャント・オブ・ザ・イヤー
    ・インデペンデント・マーチャント・オブ・ザ・イヤー
    ・スペシャリスト・マーチャント・オブ・ザ・イヤー−バーガンディ
    ・スペシャリスト・マーチャント・オブ・ザ・イヤー−ボルドー
    ・リージョナル・マーチャント・オブ・ザ・イヤー−ロンドン
    その他にも、以下の栄冠に輝く。
    デカンタ・ワールド・ワイン賞
    ・インデペンデント・ワイン・マーチャント・オブ・ザ・イヤー
    ウイスキー・マガジン誌
    ・アイコンズ・オブ・イヤーのウイスキー・リテイラー・オブ・ザ・イヤー
  • 2007年インターナショナル・ワイン・チャレンジのオンライン・ワイン・マーチャント・オブ・ザ・イヤーとリージョナル・ワイン・オブ・ザ・イヤーを受賞。また、ファイン・ワイン・ブログを開始。
  • 2008年サイモン・ベリーが王室セラーの管理を任され、また、慈善事業会長にも任命される。香港にファインワイン・スクールを開校。

このページのトップへ


ベリー・ブラザーズ&ラッド − 初期 Early Days

1660年、世襲的君主の復活直後の頃を想像してみてください。セント・ジェームス・パレスを背に立ち、ピカデリーの方向を北に見ると、そのすぐに左側にバークシャー・ハウスが見え、右にはパル・モールと、チューダー様式の建築物が立ち並ぶセント・ジェームス街が現れます。

1698年、ボーン未亡人が食料雑貨店(コーヒーミル)を開くためにセント・ジェームス街3番地を独占したときも、ほとんど変わらない光景でした。今日、1690年代と同様に、コーヒー・ミルの看板は、今もなお、そこに掲げられているのです。

3番地はボーン未亡人の手によって守られてきましたが、その後、娘、エリザベスがウイリアム・ピッカリングに求愛されました。また、1731年、現在はピッカリング・プレイスとして知られているピッカリング3番地を貸してくれていた下院議員のトーマス・ハンマー侯爵からも求愛されました。

1734年、ウイリアム・ピッカリングが亡くなると未亡人エリザベスがそのビジネスを引き継ぎ経営を担いました。そして1737年、息子のウイリアム・ジュニア・ピッカリングとジョン・ピッカリングに食料雑貨店とあの"盾形紋章の画と紋章の服飾品"を譲りました。

今日でも、セント・ジェームス街から入る1階に足を踏み入れると、有名な訪問者たちが大きな測りで体重を計り、羽ペンで体重を記録していた日々にいるような気分を味わうことができるでしょう。

ジョン・ピッカリングは1754年、適切な相続人が無いまま、彼の兄弟ウイリアムはメアリ・クラブとして生まれた母親を通して、遠縁のジョン・クラークをパートナーに選びました。

クラークは1788年に亡くなり、息子がいなかったため、エクセターでワイン商をしていたジョン・ベリーと結婚していた娘メアリーとその息子ジョージ・ベリーに譲りました。当時まだ1歳でしたが、すでに祖父によってあのコーヒー・ミルの跡取りとして指名されていました。

このページのトップへ



The Berrys ベリー家

ジョン・クラークの孫のジョージ・ベリーは、1803年、まだ16歳でありながら、2日間かけエクセターから旅をしました。7年間は、見習いとして働き、1810年までにはセント・ジェームス街3番地周辺でその名を知られるようになりました。

1838年に、チャーチスト暴動がイギリスの地方で猛威をふるって、ロンドンに衝撃を与えました。ジョージ・ベリーは、 友人、ルイ・ナポレオン王子に同伴し、特別巡査に就任しました。 このルイ・ナポレオン王子(1851 年フランス第二帝政の皇帝、ナポレオン3世として知られる)は、3番地とは深く関係しています。2年間ロンドンに滞在したおり、(評判だった)"スタンダード"の編集者シェラーとのいろいろな密会に地下貯蔵セラーを使用していました。

1854年、ジョージ・ベリーが他界し、二人の息子、ジョージとヘンリーに引き継がれました。こうして、"ベリー・ブラザーズ"のスタイルが出来上がり、90年間ほぼ変わることなく受け継がれています。

ジョージ・ベリー2世は7人の子供がいました。古い分家は、その代表となるためヘンリー・ベリーが選ばれ、兄弟の本家は若く、12人子供のうちの一人、ヘンリー・パーシヴァル・ベリーによって後継されることとなりました。

やがて、これらの2人のいとこ、年上のフランシス・ローレンス・ベリー、および年少のチャールズ・ヴァルター・ベリーが後任となりました。

この時期までには、フランス、ドイツの伝統的な地域のワイン、ブランデー、リキュール、及びウイスキーが中心の価格表に、コンスタンシア、トカイ、トスカナのモンテプルチアーノなどの珍しいワインも加わるようになっていました。ヘンリー・ベリーこそがこの方針を確立した一人であり、1880年から1907年の間、この3番地を取り仕切っていました。 しかし、フランシスとヴァルター・ベリーの二人は、会社に変革が必要な時期になったと感じていました。

キングス・ジンジャー・リキュールの誕生は、それぞれの世代の違いと強みを示しています。 エドワード・キング7世の治世初期、ベリーズに王室の医師から連絡がありました。"馬なしの馬車(自動車)"で外出した際、王様が寒気を感じており、それを治すために何かないだろうかというものでした。ヘンリー・ベリーは直ちに"ジンジャー・ブランデー・スペシャル・リキュール"と呼ばれていたオリジナルのブランデーとしょうがのリキュールをつくりました。その3年後の1906年、そのリキュールは価格表に加えられ、1934年、「キングス・ジンジャー・リキュール」に名前を変更し、現在に至っています。

このページのトップへ


The Rudds ラッド家

1914年まで、ヒュー・ラッドはワイン取引業界で働いていました。まずはロンドン、そして欧州全土。1903年からは彼の父とともにノリッジのワイン商、R.G.ラッド&サン社で働いていました。しかし、戦争が終わると、ノリッジはワインにとって大切だった場所を手放すこととなりました。父との同意書によってメジャー・ラッドはベリー・ブラザース・アンド・カンパニーのジュニア・パートナーとして働くためにロンドンへやってきたのです。

彼が3番地にやってきたのは、まさにタイムリーでした。 ウォルターとフランシス・ベリーのようなボルドーの赤ワインに対するすばらしい審美眼をもっていました。これこそ、ベリー・ブラザーズの必要条件だったのです。

しかしながら、彼には、また、ドイツのワインに関するまさるものがない知識がありました。ラインとモーゼルのあらゆる領域のブドウ裁培、アルコール発酵、および開発のすべての知識に明るかったのです。

彼の味覚は彼の知識と同じくらい正確でした。そのため、1921年の傑出しているヴィンテージが市場に出たとき、彼のアドバイスは、ベリーズのセレクションをさらに優れた、素晴らしいメリットを得ることを可能にしました。これまで以上に、その評判をさらにゆるぎないものにしたのでした。

このページのトップへ



Cutty Sark カティサーク

1923年3月23日、ベリーにとって重要な歴史が刻まれました。

ウィスキーについて議論する着席の昼食会は、スコッチ作りの有名なアーティスト・ジェームス・マックベイとパートナーたちが同席をして行われました。ベリーズは既に独自のスコッチウイスキーブランドを顧客の自宅に販売していましたが、戦前、米国のプライベート・カスタマーに少量だけという具合でした。酒類醸造販売禁止という悲惨な実情はいつまでも続かないと兆しがあり、輸出のため何か新しく独特なブレンドを求めていました。

いとこのウォルター・フランシス・ベリーが素晴らしいコニャックの権威だったように、最も高質で最もデリケートなウィスキーだけからブレンドするべきだという意見を支持していました。自然な淡い色で瓶に入れることになりました。これまで彼らが楽しんでいた、優しくて香ばしい味わいを壊し、マスクをかけてしまうキャラメル色を避けるためものでした。しかしながら、それは重くてどっしりとした、おしゃれでダークなスコッチ・ウイスキーとはかけ離れていたのです。

新しいそのスコッチ・ウイスキー・ブレンドが欠いていたすべてのものは、名前とシンボルでした。ちょうどそのとき、ちょうど長い年月を経て戻ってきていた有名な快速帆船「カティー・サーク」がポルトガル旗の下、取引されるというニュースでもちきりでした。優秀な船員だったマックベイは、この新しいウイスキーのため、賞賛に値する名前であると示唆しました。また、何もよりスコットランドらしく、ロバート・バーンズの「タム・オー・シャンター」 から取られていたのです。(カティー・サークは「短いシュミーズ」を意味します)。

また、マックベイはラベルのデザインもかって出ました。彼が描いたものはほとんど変わることなく、手書きの文字と"Scots"さえも、今日もそのまま使われています。

マックベイは、また年号にクリーム色の陰をつけることを提案しましたが、偶然にも印刷会社が華やかな黄色を使用したため、それを採用することにしました。

このページのトップへ




1920-1945年

2回の戦争の間に、ベリー兄弟とヒュー・ラッドは着実に、より大きな価値ある企業を確立ししました。 1931年、彼らはウィリアム・ピカリングとジョン・クラークによってもたらされた3番街を最大限に広げました。 この恵まれた環境により、1731年、元々の土地所有者の直系子孫であるチャールズ・バンベリー卿が新たな借地契約にサインをしました。しかし、会社が自由土地保有を取得したのは、1966年のことです。

1931年の調印を祝うディナーを準備したダフティ軍曹は、3番地でシェフとして39年間勤め、その料理の腕前は伝説となっていました。また、ストレンジとブラウンの二人もその時代長きに働き、お客様を満足させ続けた素晴らしい人物でした。

          

成功は一家を繁栄させ続けましたが、常に好調だったわけではありませんでした。1936年、引退の5年後、59歳でフランシス・ローレンス・ベリーは突然他界してしまいした。彼の長男ジョージ・ベリーは既にウォルターの息子、レジナルド・ベリーとともにジュニア・パートナーに成長しており、一家の栄華は約束されているように思われていました。 しかし、1939年3月、体を壊したレジーは引退することになり、1941年、アフリカ北部で活動していたジョージ・ベリーは命を落としました。また、ジョージの弟アンソニーが会社に入ることになっていましたが、R.N.V.Rの徴兵として、任務遂行のために呼び出されてしまいます。 そして、間もなく、ウォルター・ベリーも去ってしまったのです。

社員が大幅に減った状態の中、ヒュー・ラッドが彼らとともに経営を管理しましたが、 それはあまり楽しいことではありませんでした。次から次へと起こる問題は、概して悲惨なもので、唯一の穏やかな事は大切な顧客をもてなすことでした。

戦中、戦後時代

終戦を迎えた直後、3番街の経営陣は、兵役を終えて1943年に戻ってきたジョンの息子、ヒュー・ラッドの指揮の下、アンソニー・ベリー、ケネス・アップジョン、およびレオナルド・ロウエルとなりました。

法律と財政的な理由で、1943年、会社は有限会社になりました。 ヒュー・ラッドが会長と組織統括ディレクターを兼任しました。ケネス・アップジョンは、王室セラーの管理官としての重要な役割は保ったまま、輸出業務をリードしていく大切な役割も担っていました。レオナルド・ロウエルはディレクターとして、セラーと建物の管理の責任者でした。セラーは戦時中の彼の活躍によってセント・ジェームス街4番地も含む広さとなりました。

イギリス市場が輸入制限と価格統制によってまだ抑圧されている環境下で、ベリーズは、海外への販路拡大に着目しました。戦時中の大規模なウイスキーの蒸留削減によって、一滴が貴重である状況でした。カティサークの供給が市場の需要に応えるには20年掛かりました。

ヒュー・ラッドは戦争の間、一生懸命に働いていました。そして、1946年に、脳卒中を患います。1949年4月まで命はつないだものの、病気は限界まで進んでしまいました。彼のいない間は4人のディレクターたちが日々の経営を賄っていました。ラッド婦人は経営幹部ではありませんでしたが、1965年に、アンソニー・ベリーが引き継ぐまで、有能な会長として君臨しました。 アンソニー・ベリーは、ジョン・ラッドに引き継ぐまでの20年間会長を続け、1985年に引退しました。

1961年と1971年の間に、カティーサークは米国市場を完全に支配し、販売が年間250万ケース以上となりました。1960年代がアメリカの時代であったならば、70年代は日本の時代といえるでしょう。1979年までは1年あたりおよそ50万のケースを販売していました。複雑な日本の市場でトップシェアに挑戦している間、 他の国々ももちろん視野に入れていました。1970年までには、ニューカレドニア、ネパール、タヒチ、台湾も含め、100カ国以上で販売されていたのです。

このページのトップへ


現在のベリー・ブラザーズ&ラッド

現在、ベリー・ブラザーズ&ラッド社の取締役会は、会長のサイモン・ベリー、副会長のエリザベス・ラッド、専務理事のヒュー・スタージェス、そして非常勤役員のF.C.Dベリーグリーン、A.W.エスター、J.R.ラッド、エドワード・ラッド、デヴィッド・ベリー・グリーン、サイモン・ロバートソン、フィリップ・ボーマン、およびリチャード・モイーズで構成されています。

ジョージ王朝時代の雰囲気を醸し出すセント・ジェームス街3番地と伝統的なイメージにより、ファサードの後ろにあるその最先端の経営法とシステムは隠れていますが、有名なオーク材のパネルと羽ペンを使って商売をしていた頃の雰囲気を残しつつも、実際の業務は最先端のシステムで管理されています。

ワインに関しては、1967年に、温度制御されたセラーがベイジングストークに建設されました。以来、保税倉庫部門、サテライトオフィス、モダンなテイスティングルーム、小売店と拡張を続けています。

コーヒー・ミルの看板の下で細々と商売を始めたボーン未亡人とウィリアム・ピッカリングは、これまでの成長が独自性と評判だけによるものではないということに安堵しているかもしれません。

ベリーズは"カティーサーク"の隆盛によって認知されましたが、一方で、ワインに対する伝統的なアプローチの価値もその評価を高めました。ディスカウントや過剰広告などの方法ではなく、お客様のメリット、価値、そして質の高いサービスを通じて販売しています。毎年、テイスティングのプロが海外のワイン畑を訪れ、数百もの異なったワインを味わい、厳選するという取り組みを続けることが大切なのです。

"セント・ジェームス街3番地の店舗に入ると、ベリーズの表と裏の差に驚かされることでしょう。1698年以来、その顧客リストは、まるでイギリスの政治社会史のインデックスであるかのようです。 今日では、多くの顧客たちが気軽に立ち寄っては、1−2本のワインを買い物袋の中に入れて持ち帰っています。しかし、お店に入れば、常連の大富豪たちと変わることのない、温かい歓迎を受けることができるのです。" (The Timesより)

このページのトップへ


Simon Berry サイモン・ベリー

サイモン・ベリーは1977年にベリー・ブラザーズ&ラッドに加わりました。 10年後に、マーケティングディレクターに就任し、1994年からは役員となりました。2002年11月、副会長に昇進し、3年後の2005年から会長を務めています。

会社に加わる前は、2年間、フランスで働いた経験があります。シャンパンのモエ・エ・シャンドン、ローヌ地方のM・シャプティエ、ボルドーのムートン・ロートシルト、そしてブルゴーニュのプロスペル・モフーなどです。

1979年にはWSETのディプロマを、1983年には英国マーケティング機関のディプロマを取得しています。また、ワイン&スピリッツ貿易慈善団体の評議員、ウォーシップフル・カンパニー・オブ・ヴィントナーズの組合員、アカデミー・デュ・シャンパーニュのメンバーにも名を連ねています。

また、英国王室ワインセラーの管理を任されており、チャールズ皇太子の王室御用達認定証の保持者でもあります。

これまで、オックスフォード大学、エクセター大学、ウォーディングハム校、ウィコムブ・アベイ校、およびイートン大学を含む英国全土でワインについて講義し、ヴォーグ、国際的なコレクター誌、エコノミスト・レビュー・オブ・ザ・イヤーなど、数々の雑誌で紹介されました。 また、多くのテレビやラジオ番組にも協力しています。

このページのトップへ