カテゴリ一覧 > 三つ星レストランに愛されるブラン・ド・ブラン『シャンパーニュR&L ルグラ』

三つ星レストランに愛されるブラン・ド・ブラン『シャンパーニュR&L ルグラ』 2019年12月25日

三つ星レストランに愛されるブラン・ド・ブラン『シャンパーニュR&L ルグラ』

シャンパーニュは、採用されているパリの星付きレストランの数を数えることが全てではありませんが、この点において、ルグラには感嘆せずにはいられないでしょう。

レストランのオリジナルラベル

世界のベスト・レストランとして名を連ねる、アラン・デュカス、ベルナール・ロワゾー、ロビュションに加え、フランス全土に点在するミシュランのレストランで愛されているだけでなく、ギィ・サヴォワやランブロワジー、トゥール・ダルジャンなど、世界のトップレストランのオリジナルラベルのシャンパーニュも造っています。ワインを口にすればなお一層感服し、納得頂けるはずです。

グラン・クリュ『シュイィ」の中でも最高の立地

ルグラは、シュイィというコート・デ・ブランの最北の有名な村に15haの畑を持ち、16世紀からブドウ栽培農家を営んで来ました。もともとはブドウを販売していましたが、ワインを造って元詰を始めたのは第二次世界大戦後、現在の当主の祖父の時代です。

『シュイィ』はシャンパーニュに存在している17のグラン・クリュのうちの一つで、シャンパーニュの栽培面積34,000haのうち、500haしかない貴重な畑です。その村の中でも、緩やかな斜面の最高の立地条件が揃った場所に畑を持つルグラは、元詰を始める前は名だたるメゾンにブドウを卸していたといいます。

グラン・クリュ『シュイィ」の中でも最高の立地

シャルドネのみを生産するこの村で、ブラン・ド・ブラン、つまりシャルドネ100%のワインを造るルグラのラインナップは6種類、ブリュット、エクストラ・ブリュット、ロゼ、ヴィンテージである Présidence、特別なキュヴェ Hommage, プレスティージュのSt Vincentです。

Brut / Extra Brut

ルブタンのように赤い瓶底が目印のフラッグシップのブリュットは、まさにディナーの開始を告げるのに相応良しい爽やかさと、軽やかなセンセーションをもたらしてくれるシャンパーニュ。法定熟成期間が最低15ヶ月のところ約24ヶ月間の熟成をさせており、素晴らしい酸を持ったシャルドネには、複雑味とふくよかさが備わっています。世界のレストランでオリジナルラベルになっているワインも、中身はこのブリュットです。

ブリュットのドサージュ7gを、4gに減らして造られたのがエクストラ・ブリュットで、なお一層のキレと洗練さを増した、ダイニングシーンでも大活躍の1本です。

Rosé

ルグラは、コート・デ・ブラン以外にも1haの畑をグラン・クリュ『アンボネ』に所有しており、そこで栽培するピノ・ノワールを約10%加えてbrutと同様に醸造したのがロゼです。最近、ロゼのラベルのロゴの色がピンクゴールドに変わり、よりスタイリッシュになりましたが、中身もずっと美味しくなったように感じます。

ロゴやラベル、パッケージをデザインしているのは、当主ジュリアンの妻、ステファニーです。ロゴには、シュイィのシンボルであるライオンをあしらい、『ボトルクーラーに入っているとラベルは見えない。レストランでソムリエが注いだ時、ボトムに色がついていればルグラだと分かる』と、マーケティングの才能を発揮して、底を赤く塗ることを思いついたのも彼女。コルクの周りに巻かれているホイルの内側が赤色であったり、キュヴェによってミュズレの裏側に模様や色がついていたりと、細部にまで施されたデザインは気付くたびに面白さがあります。

Rosé

Cuvée Présidence, Vieilles Vignes

ルグラのヴィンテージ・シャンパーニュ『プレジダンス』は、1haしかない平均樹齢45年の古樹が植わる最上の区画から造られます。法定熟成期間が3年のところ、5年以上の熟成を行っており、新入荷の新ヴィンテージも2012年です。肉厚でボディとコクの伴った果実味に、ミネラリーで鋼のような骨格が下支えとなり、はっきりとポテンシャルも感じられます。

Cuvée Présidence, Vieilles Vignes

HOMMAGE

『オマージュ』は、特別なキュヴェです。このキュヴェが初めて造られたのは2012年、当主ジュリアンの父親がなくなった年に、父へのHommage(敬愛)を込めてリリースしたのがこのワインです。最初のキュヴェは、父が造った2000年と2002年をブレンドしたものでしたが、非常に評判がよく「是非もう一度造って欲しい」という声に応えて造られたのが、2005年をベースに2007年を30%ブレンドした、2度目のリリースとなるこのオマージュです。

弊社の元バイヤーであるサイモン・フィールドは、「最も上質なブラン・ド・ブランの一つ。複数年のグラン・クリュをアッサンブラージュしたその類まれな複雑味は、クリュッグのグランド・キュヴェにも似ている」と述べています。その複雑で芳醇な果実味、ナッツのような芳ばしい風味は、10年以上の熟成を経て得られる極上の逸品です。

ミュズレには、父が「古臭い」と馬鹿にしていた昔ながらの「糸」が使われており(抜栓の際は、糸をナイフやハサミで切り、通常のシャンパーニュと同様に抜栓してください)、ラベルは、レストランのハウスシャンパーニュを、メゾンのラベルではなく、レストランのオリジナルラベルで作る』ことを思いついた父の功績を湛え、オリジナルラベルの第一号であった60年前のトゥール・ダルジャンのラベルになぞらえた、ダイヤ型のシルバーのラベルです。

HOMMAGE

ST VINCENT

最上の年に、最上の区画のブドウのみを厳選して造られるため、10年に2回、50年に10回しか造られて来なかったルグラのプレスティージュ・キュヴェ『サン・ヴァンサン』。現行ヴィンテージは2008年ですが、恐ろしいほどの若々しさとその完璧なまで味わいからすると、最上のキュヴェにつけられたこの価格がいかに控えめなものかがお分かり頂けるでしょう。

10年の時を経た2008年ヴィンテージには、鼻をくすぐるヘーゼルナッツやアーモンドのニュアンスが漂いはじめ、非常に長い余韻に浸ることが出来ます。同時に、クリスタルのように固く透き通った圧倒的な質と量の酸からは、これから10年、20年は優に熟成をすることも見て取れるでしょう。

フランスには、すべての職業に守護神である「聖人」がいますが、ワインの醸造家にとっての聖人の名前を「サン・ヴァンサン(聖ヴィンセント)」と言います。本キュヴェを名付けたのはジュリアンの父ですが、彼がこれを届け出てしまったため、他の生産者はもう同じ名前のワインをリリースすることが出来ない、というのは隠れ話です。

(厳密にはロゼを除き)シャルドネのみから造られているとは信じがたい、個性豊かなラインナップ。日本支店の創設以来、長く愛されてきた生産者の一人です。是非、お気に入りのシャンパーニュの一つに加えてください。

ワイン一覧はこちら

ルグラ