カテゴリ一覧 > ワインのご購入 > マスター・オブ・ワイン・セレクション > 2012 バルバレスコ、アシリ、カッシーナ・ルイジン

2012 バルバレスコ、アシリ、カッシーナ・ルイジン

2012 Barbaresco, AsiliCascina Luisin2012 バルバレスコ、アシリ、カッシーナ・ルイジン

商品番号 Y2379B

希望小売価格8,100円のところ
会員価格7,560円(税込)

残り:34

数量
クール便でお届けします
_
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

  • 750ml,
  • 飲み頃だが、熟成する,
  • 2012,
  • Italy - Piedmont,
  • Cascina Luisin,
  • Barbera,
  • Full Bodied,Dry,赤ワイン,13.5%alc.

バルバレスコ村の歴史ある家族経営のワイナリーで、1913年にルイージ・ミヌートによって設立されました。ルイジンは、地元の表現で「小さなルイージ」の意です。卓越した古木が植わる7haの畑を所有し、その半分がネッビオーロ、生産本数は約3万本です。現在はルイージ・ミヌートとその息子ロベルトによって経営されています。ロベルトがこの偉大なクリュ、バルバレスコを手がけてこれで2ヴィンテージ目となります。パオリンが砂質土壌によって、そして、ラバヤが灰色やマール粘土によって特徴づけられるものだとするなら、アシリの個性に影響しているのは石灰質土壌でしょう。美しく均整が取れており、ライムストーンが、8月の太陽をたっぷりと浴びた、おびただしい量の小さな赤い果実となっています。タマリンドのような、そしてデカダントですらあるそのニュアンスは、オートストリア、ストッキンジェールのオーク樽が見事に相補的な役割を果たしています。
Cascina Luisin is a traditional family wine estate in Barbaresco, Piedmont, founded in 1913 by Luigi Minuto (‘Luisin’ means ‘small Luigi’ in dialect). It comprises 7ha of predominantly old vineyards, 50% of which grow Nebbiolo, notably Sori Paolin in Neive, Rabajà and Asili in Barbaresco itself; total production is approx. 30,000 bts per anno. The estate is currently run by Luigi Minuto and his son Roberto; the latter joining in 1995 from viticultural school.

Roberto’s second vintage making Barbaresco from this celebrated cru. If sand is what characterises Paolin, and grey, marne clay Rabajà, then limestone is what surely distinguishes Asili. (Indeed, Asili could be said to possess the agility of Paolin with the complexity of Rabajà.) Whatever the similarities, it’s clearly beautifully balanced – the limestone element giving us masses of small, red fruit that have soaked up the hot August sun, rendering them tamarind like, decadent even, and complemented by new Stockinger oak botte.

このワインの生産者情報

カッシーナ・フォンタナ Cascina Fontana

カッシーナ・フォンタナ  Cascina FontanaItaly

一族の6代目にあたるマリオ・フォンタナが、母のエルダ、妻のルイザ、2人の息子エドアルドとヴァスコとともに、1995年、アジエンダ・アグリコーラ・カッシーナ・フォンタナを創設しました。わずか4ヘクタールですが、宝石のようなバローロのドメーヌです。ペルノの小村に居を構えるこのワイナリーは、カスティリオーネ・ファレット村の3つの畑(ヴァレッティ、ヴィレーロ、ポッツォ)、セッラルンガ村を超えてすぐのところにあるシニーオ村の畑、そして2008年ヴィンテージからはラ・モッラ村のガッリノットの畑にも、それぞれ区画を保有しています。マリオは出来る限り丁寧にブドウの世話をし、ワインを造り、そして必要なときには青いバンでワインの配送までしています。バローロの仕込みにあたっては伝統的方法を採用し、すべてのネッビオーロの畑からとれたブドウをブレンドしています。従って、ヴィンテージによる差のない、非常に安定した品質を保っています。マセレーションはステンレスタンクで15〜20日間、スラヴォニア産の大樽(容量20ヘクトリットル/30年使っている栗材のもの)で2年間熟成し、さらに一年間ステンレスタンクで、瓶詰め後も発売までに一年間熟成させています。
セカンドワイン的なランゲ・ネッビオーロは、畑の特徴がよく出ています。ブドウは、カスティリオーネ村のポッツォと、シニーオ村の畑からのもので、バローロよりも短期間のマセレーションのあと、大樽とフレンチオークのトノー(1000リットル程度の大きさの樽)で短期間熟成させます。ネッビオーロの入門編的なワインで、若いうちに飲んでも、10年ほど置いてから楽しむこともできるでしょう。フルボディですが洗練されたスタイルのバルベーラ・ダルバは、爽快なシニーオ村のブドウ60%と、気品のあるカスティリオーネ・ファレット村のブドウ40%から造られており、バリックの古樽で約3ヶ月間熟成されます。バルベーラの平均生産量は年僅か500ケースです。

カッシーナ・フォンタナ Cascina Fontana のワイン一覧はこちら