カテゴリ一覧 > ワインのご購入 > マスター・オブ・ワイン・セレクション > 2008 コンティーノ、ヴィーニャ・デル・オリーヴォ、リオハ

2008 コンティーノ、ヴィーニャ・デル・オリーヴォ、リオハ

2008 Contino, Viña del Olivo, Rioja2008 コンティーノ、ヴィーニャ・デル・オリーヴォ、リオハ

商品番号 93756B

希望小売価格11,200円のところ
会員価格10,370円(税込)

残り:24

数量
クール便でお届けします
_
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

  • 750ml,
  • 飲み頃だが、保管可能,
  • 2008,
  • Spain - Rioja,
  • C.V.N.E.,
  • Tempranillo-Tinto Fino,
  • Full Bodied,Dry,赤ワイン,14%alc.

Compania Vinicola del Norte de Espana (CVNE/コンパニア・ヴィニコラ・デル・ノルテ・デ・エスパーニャ)は1879年にレアル・デ・アスア兄弟によって設立され、約140年たった今もその子孫がその運営の多くを行っています。 彼らがコンティーノを造ったのは1973 年。リオハにおいて最初の「単独ワイナリー」のコンセプトで造られたワイナリーであり、単一畑のヴィーニャ・デル・オリーヴォはラ・リオハ・アラベサのログローニョ近郊、リオハで最も優れた地域にあります。エブロ川の土手の上、樹齢1,000年以上にもなるオリーヴの樹を取り囲むようにして植えられたブドウの樹にちなんで名づけられたこのワインは、感銘を受けるような素晴らしい出来で洗練されていますが、過剰なところは一切なく節度が感じられます。


2008年はテンプラリーニョ88%、グラシアーノ12% のブレンドで、数種類の樽を使って36ヵ月熟成。ワインはリッチで深みに溢れていますが、波打つような筋肉の下には均整と調和があります。


Compania Vinicola del Norte de Espana (CVNE) was founded in 1879 by the Real de Asua brothers and nearly 140 years later their descendants are still in charge of what is now a considerable operation. In 1973 they created Contino, the first single-estate concept in the Rioja region, and the single vineyard Viña del Olivo is located in one of the best areas of Rioja near Logroño in La Rioja Alavesa. Hugging the banks of the river Ebro the vines surround a 1,000-year-old olive tree, hence its name, and the resulting wines are hugely impressive, sophisticated yet understated.


The 2008 is made up of 88 percent Tempranillo and 12 percent Graciano with ageing for 36 months in oak of various origins. The wine is subsequently rich and deep; however there is balance and harmony beneath the rippling musculature.