カテゴリ一覧 > ワインのご購入 > 味わい > Dry > NV プルミエール・キュヴェ、スパークリング、ハンブルドン

NV プレミア・キュヴェ、スパークリング、ハンブルドン

NV Première Cuvée, Sparkling, HambledonNV プルミエール・キュヴェ、スパークリング、ハンブルドン

商品番号 Z7896B

希望小売価格8,987円のところ
会員価格8,360円(税込)

残り:19

数量
クール便でお届けします
_
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

  • 750ml,
  • 今、飲み頃,
  • NV,
  • UK - England - Hampshire,
  • Hambledon,
  • Chardonnay, Pinot Noir, Pinot Meunier ,
  • Medium Bodied,Brut,スパークリングワイン,12%alc.

ハンブルドンの畑には、聞き手の興味をひきつける長い歴史があります。ハンプシャーにあるこの村が、クリケット発祥の土地として有名なだけでなく(18世紀後半にクリケット場を創設したかのロード氏よりもずっと長い付き合いがあるようです)、イギリスで始めて商業的価値を持ったブドウ畑が出来た場所でもあります。フランスびいきだったガイ・ソールズベリー・ジョーンズが、1950年代前半にワイナリーを開発したのが興りです。静かな休閑期を経て、1999年にイアン・ケレットが買収。彼の忍耐と資本、二つの投資が、いまようやく実を結び始めました。これは文字通りで、英国でもっとも恵まれた立地にあるシャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエだといえるでしょう。


英国がどれほど高い水準のワインを造れるのかということをを証明しているこのワインは、締まった硬い酸を中心に持ちながら、複雑でディテールに富んでいます。定まった焦点、精度の高さを感じさせます。


Hambledon Vineyard has a long and fascinating history. Not only does the village have the reputation as the cradle of cricket, long before Lord’s it seems, but it is also the location of the first English commercial vineyard, courtesy of the Francophile Sir Guy Salisbury Jones, who developed the vineyards in the early 1950s. After an uneventful hiatus the vineyard was purchased by Ian Kellett in 1999 and his investments of both patience and capital are now yielding fruit, quite literally, in the form of some of the best located Chardonnay, Pinot Noir and Pinot Meunier grapes in the country.


A standard-bearer for the quality that England can achieve, this is a very assured wine, with a firm acidic spine, but also complexity and detail. Great focus and precision.

このワインの生産者情報

ハンブルドン

ハンブルドン   HambledonSparkling

ハンプシャーのサウス・ダウンズに位置するハンブルドンは、1952年にガイ・ソールズベリー・ジョーンズ少将によって設立されたイングランド最古の商業用ブドウ畑です。1999年にイアン・ケレット一家が購入し、以来、畑の再建と再興に取り組んでいます。畑で行われてきたワイン造りという遺産に興味をそそられたイアンは、自身で広範囲に渡る詳細な研究を行い、スパークリングワインこそが、このテロワールの未来であると確信するに至りました。 2005年に、イアンはシャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエを4haの「試験場」に植え、クローンと台木の27種類の組み合わせのうち、どれが最良の結果をもたらすかを実験しました。今日、ハンブルドンのワイナリーは81haのブドウ畑に、英国で唯一のグラヴィティ・フローの最新鋭の醸造設備を備えています。

シャンパーニュに代表される水はけのよいチョーク土壌は、スパークリングワイン造りに理想的なテロワールとされていますが、ハンブルドンには確かに、チョーク土壌が豊富にあります。(ハンブルドンの持つ3つのブドウ畑のチョークは、後期白亜紀のサントニアン期とカンパニアン期の間に発達した「ニューヘイブン・チョーク層」とまで特定されています。)そこに、澱の上での長い熟成と、最小限にしか手を加えない優しい醸造アプローチも合わさって、ハンブルドンは高品質のスパークリングワインを造り上げるレシピを真につかんでいるのです。

ハンブルドン Hambledon のワイン一覧はこちら