カテゴリ一覧 > ワインのご購入 > マスター・オブ・ワイン・セレクション > 2015 リーウ・パッサン、ドライ・レッド・ワイン、ウェスターン・ケープ、南アフリカ

2015 リーウ・パッサン、ドライ・レッド・ワイン、ウェスターン・ケープ、南アフリカ

2015 Leeu Passant, Dry Red Wine, Western Cape, South Africa2015 リーウ・パッサン、ドライ・レッド・ワイン、ウェスターン・ケープ、南アフリカ

NEW!!

商品番号 MUL021

希望小売価格16,874円のところ
会員価格15,620円(税込)

残り:12

数量
クール便でお届けします
_
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

  • 750ml,
  • 飲み頃だが保管可能,
  • 2015,
  • South Africa - Swartland,
  • Mullineux & Leeu Family Wines,
  • Other Varieties,
  • Medium-Full Bodied,Dry,赤ワイン,13.5%alc.

多様性ある土壌を持つ注目のエリア”スワートランド”を一挙にスターダムに押上げ、毎年、南アフリカの権威あるワインガイド"プラッター”にて高評価を獲得し続ける逸品で、マリヌーが2007年からウェスターン・ケープにて始めたプロジェクトです。


伝統的には「ケープ・ブレンド」と呼ばれる、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、サンソーのブレンドで、南アフリカのワイン造りへのオマージュを込めたワイン。ベルガモットや深いスミレが香る、エレガントで洗練されたワイン。上質でチョーキーなタンニンによるストラクチャーがあり、フレッシュな黒い果実味にかすかなスパイスとハーブのニュアンス。フィニッシュはドライかつ生き生きとしており、重層的で長い余韻。16-18℃での提供が最適。瓶詰後3〜5年に飲む際は、デキャンティングをすると非常に効果的。20〜30年はセラーリングして、ワインの熟成が期待できる。


≪受賞歴≫

2015 – 4.5 Stars Platter, 94 Tim Atkin

2016 – 4.5 Stars Platter, 95 Tim Atkin, 92 Wine Enthusiast


Since starting the estate in 2007, Chris and Andrea Mullineux have earned a reputation for producing wines of fine quality. Based in the Swartland, they work predominately with Chenin Blanc and Syrah from old vines. This wine is the first vintage from a sister range of wines, under the Leeu Passant label. The Dry Red is their take on 1950s and ’60s Cape blends, using old-vine fruit from heritage vineyards in Wellington, Franschhoek and Stellenbosch. Deep ruby in colour, the aromas nod towards pepper and spice, with green herbs, ripe plum and black cherry. The palate is opulent with plenty of fruit, a vein of chalky minerality and impressive ripeness. It still manages to display an air of restraint and control that highlight the wine’s impeccable pedigree. Drink now to 2022.

≪Accolades≫

2015 – 4.5 Stars Platter, 94 Tim Atkin

2016 – 4.5 Stars Platter, 95 Tim Atkin, 92 Wine Enthusiast

このワインの生産者情報

マリヌー・ファミリー・ワインズ Mullineux Family Wines

マリヌー・ファミリー・ワインズ  Mullineux Family WinesSouth Africa

マリヌー・ファミリー・ワインズは、南アフリカのスワートランドに在ります。この辺りは、伝統的に素晴らしいワインを生産する地域として知られていますが、急速に変化しています。醸造家であるクリスとアンドレアはこの地域を旅する中で、ブドウ畑を見て、驚くほどの特徴とポテンシャルを持つワインを味わいに感銘を受けました。彼らのねらいは真にスワートランドを表現したワインを造ることであり、全てのワイン造りのプロセスはその目標に沿って行われています。
自然な、ミニマリスト的アプローチは、ブドウ畑とセラーで実践されています。持続性の高い、理にかなったブドウ栽培を実践する選ばれた生産者と密接に働き、セラーでは、最小限の硫黄を使用する以外は、ワインには何も加えず、何も取り除きません。酵母、酸、タンニン、酵素は一切使用せず、清澄や濾過も行いません。ワイン造りは、スワートランドらしさを出すことに焦点を当て、3種類のワインだけを造っています。
一つは、シュナンブラン、グルナッシュブラン、クレレット、ヴィオニエをブレンドし樽発酵した白ワイン、2つ目は、9つの異なるブドウ畑のブドウから造る芳醇なシラー(2−3回使用したDemi-Muidと呼ばれる600リットルの樽で熟成)、そして3つ目は 自然乾燥したシュナンブランを使い古い樽で発酵した非常に豊かなストロー・ワイン(甘口ワイン)です。

マリヌー・ファミリー・ワインズ Mullineux Family Wines のワイン一覧はこちら